2.評価指数の算出方法

ここでは、私(maddog31)がプロ野球選手のチームに対して発揮した貢献度を評価するために開発した「貢献度評価指数」について掲載しています。

 

2.1 貢献度評価指数の構成

貢献度評価指数は、下記で算出する3種の POD のポイントの組み合わせで算出します。

 

2.1.1 Pitching(投球)ポイント
P=(e - 270)×10÷55+50 
(ただし、1以下は一律1とする)

投手が獲得したアウト数をベースにします。
先発・中継ぎ・抑えの分業による差を補正します。

a)・・・「投球回」×3
b)・・・「安打」+「四球」+「故意四球」+「死球」
c)・・・「セーブ」×2.5
d)・・・{「登板」-(「勝利」+「敗北」)×1.12}×3
e)・・・a-b+c+d (ただし、1以下は一律1とする)

 

2.1.2 Offence(攻撃)ポイント
O=(g - 330)×10÷55+50
(ただし、1以下は一律1とする)

打者・走者として獲得した塁数をベースにします。
犠打・犠飛は若干プラス評価として加算しています。

a)・・・「安打」+「2塁打」×2+「3塁打」×3+「本塁打」×4
b)・・・「盗塁」+「四球」+「故意四球」+「死球」
c)・・・「盗塁刺」+「併殺打」
d)・・・(「犠打」+「犠飛」)×0.5
e)・・・(「得点」+「打点」)×0.25
f)・・・a+b-c+d+e (ただし、1以下は一律1とする)
g)
・・・「打席」が30以上 かつ 「打席」÷「試合」が3.3以下の場合は、f×3.3/(「打席」/「試合」)
・・・その他の場合は、fの値そのまま

 

2.1.3 Defence(守備)ポイント
D=(e - 80)×10÷16+50
(ただし、1以下は一律1とする)

ポジションごとの標準値からの差分をベースにします。
ポジションごとに重み係数を用いて補正しています。

a)・・・(「刺殺」-“ポジション別刺殺標準”)דポジション別刺殺係数”

ポジション刺殺標準刺殺係数
捕手640.00.07
一塁手1014.00.08
二塁手294.00.04
三塁手82.00.05
遊撃手192.00.20
外野手235.00.3

b)・・・(「補殺」-“ポジション別補殺標準”)דポジション別補殺係数”

ポジション補殺標準補殺係数
捕手53.00.05
一塁手71.50.07
二塁手383.50.21
三塁手217.50.40
遊撃手392.00.10
外野手6.43.00

c)・・・(「併殺」-“ポジション別併殺標準”)דポジション別刺殺係数”

ポジション併殺標準併殺係数
捕手6.73.00
一塁手81.10.10
二塁手71.40.05
三塁手16.70.15
遊撃手73.10.30
外野手1.32.00

d)・・・a+b+c+100 (ただし、1以下は一律1とする) をポジション別に算出
e)・・・全ポジション分のdを合計

 

2.2 貢献度評価指数の算出式

上記のように算出した POD から、野手・投手の貢献度評価指数を下記のように算出します。

 

2.2.1 野手の場合(投手のDは0)

①上記算出の結果、D≧Oの場合は

貢献度評価指数=D×0.38+O×0.62

②上記算出の結果、D<Oの場合は

貢献度評価指数=O

 

2.2.2 投手の場合

貢献度評価指数=P+O×0.62

 

2.2.3 例外

※登録が投手ながら、野手として守備機会もあり、DおよびOが算出可能な場合

貢献度評価指数=P+D×0.38+O×0.62

 

 

2.3 貢献度評価指数の算出例

上記計算式で、実際のstatsから貢献度評価指数を算出してみます。

2011年度 ダルビッシュ有投手の場合
P=92、O=1で
 貢献度評価指数=92+1×0.62≒93

Pポイントの計算式

a=232×3=696
b=156+36+0+6=198
c=0×2.5=0
d={28-(18+6)×1.12}×3=3.36
e=696-198+0+3.36=501.36

よって、
P=(501.36-270)×10÷55+50≒92

Oポイントの計算式

a=2+0×2+3×0+4×0=2
b=0+1+0+0=1
c=0+0=0
d=(0+0)×0.5=0
e=(0+0)×0.25=0
f=2+1-0+0+0=3
(「打席」=7なので)
g=f=3

よって、
O=(3-330)×10÷55+50≒-9.5→1

 

2011年度 中村剛也選手の場合
D=80、O=86でD<Oとなるので
 貢献度評価指数=86

Dポイントの計算式 ・・・一塁手と三塁手で出場

(一塁手として)
a=(282-1014.0)×0.08=-58.56
b=(10-71.5)×0.07=-4.30
c=(16-81.1)×0.10=-6.51
d=(-58.56)+(-4.30)+(-6.51)+100=30.63

(三塁手として)
a=(69-82.0)×0.05=-0.65
b=(212-217.5)×0.40=-2.20
c=(18-16.7)×0.15=0.20
d=(-0.65)+(-2.20)+0.20+100=97.35

(合計)
e=30.63+97.35=127.98

よって、
D=(127.98-80)×10÷16+50≒80

Oポイントの計算式

a=141+30×2+0×3+48×4=393
b=4+79+2+12=97
c=1+15=16
d=(0+6)×0.5=3
e=(97+116)×0.25=53.25
f=393+97-16+3+53.25=530.25
(「打席」=622なので)
g=f=530.25

よって、
O=(530.25-330)×10÷55+50≒86