ヘッドスライディングには反対

 

やればできるけど、決して真似をしないプレー

私自身も今、現役で草野球を楽しむプレーヤーです。
プレーヤーである以上、常に向上心はあるわけで、野球の試合の映像で見たり本で読んで知ったプレーなどには取り組んでみたりします。
それでも、プロ野球や高校野球などでよく見かけるプレーで、自分にもできるプレーながら決して真似をしないプレーがあります

それがベースへのヘッドスライディング

ヘッドスライディングはとにかく危ない

理由は単純明快、とにかく「危ない」からです。
単に危ないだけで、それを「補って余りあるメリット」があればプレーの選択肢の1つとして認めなくもないのですが・・・。

プロや高校野球の指導者でも明確にヘッドスライディングが「危険である」というデメリットを理由に反対を示す方も多数見受けられます。
過去にメディアの報道で聞いた限りでは、まずは元北海道日本ハムの監督である、ヒルマン。
彼は日本ハム監督時代に、一塁ベースへのヘッドスライディングは禁止にしていたそうです。
理由は2つ。
・ヘッドスライディングしてもスピードの上昇が見込めない。
・何より怪我するリスクが高まる。

元巨人の桑田真澄氏も同様に、高校野球におけるヘッドスライディングについては否定的立場の発言がありました。
「走塁のときのヘッドスライディングは、ベースもあるし、相手のブロックもある。ケガ予防のためにも、足から滑るように心がけて欲しい」
とのこと。
実際、菊池雄星選手の母校である花巻東では、菊池選手にはケガ防止のためにヘッドスライディング禁止令を出していたと、当時の記事にもありました。

ヘッドスライディングのメリットは?セーフになりやすい?

では、ヘッドスライディングの「メリット」は何でしょうか?

一部の実験で、ヘッドスライディングと駆け抜けた場合とで、バッターボックスから一塁ベースまでの到達タイムを計測すると、ヘッドスライディングの方が速くなる場合がある、というのを見たことがあります。
ただし、万人がそれを信じ、体感しているとは言い難いでしょう。

トップスピードで走り抜ける方が速い

特に一塁ベースまでの到達においては、打者走者は走り抜けることが認められている上にタッチプレーが不要だというルール下においては、トップスピードで走り抜ける方が速い、というのが定説
世界の盗塁王・福本豊氏も一塁ベースへのヘッドスライディングについては
・一塁はトップスピードの状態で走り抜ける方が当然速い。
・なんでわざわざ、グラウンドとの摩擦を生むような動作をする必要があるのか
と言っています。

では、一塁以外のベースへのヘッドスライディングはどうでしょう?
先に挙げた福本氏は、
一般的に、二塁や三塁や本塁への進塁したり盗塁する際の『タッチプレー』をかいくぐる手段としてヘッドスライディングは効果を発揮する」と言っています。

「タッチをかいくぐる」目的か否かに関わらず、二塁・三塁・本塁でのタッチプレーにおいては、捕球した野手は(通常は)グラブにボールを捕球したまま全速力で飛び込んでくる走者にしっかりとタッチしにいきます。
言わば、走者の体の一部にグラブ、場合によっては野手の体そのものが衝突しにいくのが当たり前の状態です。
その姿勢で待ち構えている塁上の野手へ走者がヘッドスライディングすることで、手や指を野手に踏まれて骨折したり、肩を脱臼したり、あるいは首や頭部を痛める可能性は常にあります。
時には野手の送球が直接当たることもあります。
いずれにおいても、選手生命に関わる怪我になりかねます。
落合博満氏もテレビ解説で取り上げた本塁へのヘッドスライディングの場面を見て
・(動物的な)高い身体能力を持つ荒木や英智くらいしか今のプレーはできない
・他の選手がやったら肩を脱臼するプレーだ
などと、猛スピードでのヘッドスライディングでタッチをかいくぐる難しさを説いていました。

また、ヘッドスライディングでベースへ到達した際には、直ぐには立ち上がれません。
足からスライディングして、すぐにスタンディングした時と比べると、仮に野手の後逸や暴投などあった場合には、立ち上がって次の塁に進むのにも時間をロスしますね。
これは自分でやってみればすぐに実感できます。

ヘッドスライディングする準備、してますか?

忘れてはいけないこと。ベースへ駆け込む際に、
常にヘッドスライディングの練習をやっているのでしょうか?
足で滑りこむよりも多く、ヘッドスライディングを練習することがあるでしょうか?
少なくとも私の所属した野球チームの経験ではありません。

また、足にはストッキングを履いたり、ハイカットのスパイクを履いたり、スライディングパンツも履いたりするなど、足を保護する装備を簡単に用意できます。
一方で、ヘッドスライディング時に必ずどこかと強く接触する腕の保護として
・走塁用手袋を着用していますか?
・長袖のアンダーシャツを常に着用していますか?
(いずれも、私は着用していますが・・・)

ヘッドスライディングは メリット<デメリット なのではないか?

要するに、こう思います。
色々な準備が足りていない上に、大けがを負うリスクが常に付きまとうヘッドスライディングには、それを補って余りあるほどのメリットがない。

強いて効果を挙げるとするならば、“盛り上がるから”。
確かにヘッドスライディングをすると、自分から勢いよく飛び込んだ姿がより強調されるし、見ている方も“全力”感を感じることは否定できません。
その迫力を認めつつも、私のスタンスは「盛り上げ」に使うのなら、普段から練習していることを前提に絶対に野手と交錯しない確信が持てる時だけに!ということで。

 

 

本内容は下記ブログのエントリー内容
★ヘッドスライディングの効用
赤星選手の衝撃的な引退発表
第91回高校野球選手権~地方予選の状況
僕の野球スタイル(8)~春から秋までアンダーアーマー
僕の野球スタイル(13)~久保田スラッガーの走塁用手袋
を参考に改変・加筆により掲載しました(2015/9/10)。